しわのタイプを知ろう【原因に応じて美容液を探そう】

ウーマン

たるみの解消が効果的

おでこに刻まれたしわを改善するには、美容液を使ってマッサージを行うと効果的です。美容液を馴染ませた後、指の腹でマッサージを施していきましょう。ベストなタイミングであるお風呂上がりに毎日継続して行うことで、しわを目立たなくすることができます。

コスメティック

十分な保湿で張りを回復

皮膚の弾力が衰えることでしわができますが、その原因は素肌の水分が不足することでもあるため、しわのケアは、美容液で潤いを与えることが大切です。そこで、真皮で水分を保持するヒアルロン酸とコラーゲン、そしてその2つをつなぐエラスチンが入っている美容液を使いますと、効果的なしわ対策が行えます。

原因に応じてコスメを選ぶ

スキンケア

乾燥気味の年齢肌なら

年齢が進むことでしわも次第に増えますから、美容液などのコスメを使って日頃からケアしておくことが重要です。しわにも種類がありますが、もしも乾燥から来るしわの場合は、保湿成分に優れた美容液を選びます。ここでポイントになるのは乾燥気味の年齢肌の場合、皮膚の表面だけでなく、真皮などの下層まで美容成分を届ける必要があることです。そのため、使う美容液を決める時は、浸透力の高さにも着目しましょう。年齢肌では真皮での保水力も低下していますから、高浸透型の美容液が欠かせません。また、肌が乾燥している状態では、表情を作った時のしわが悩みになることも多くなっています。例えば笑顔を作りましても、肌に水分がしっかり保持されていれば、そのしわも元に戻ります。しかし乾燥していれば、繰り返し表情を作ることで、しわはどんどん深く刻まれてしまいます。このタイプのしわは、コラーゲンが不足している状態でも加速しますから、コラーゲンを含む美容液が魅力的です。さらに、浸透性に優れるビタミンC誘導体も配合しておりますと、一層効果的なスキンケアが望めます。そのほかレチノールの入った美容液も、乾燥による表情じわには嬉しいコスメです。レチノールにはコラーゲンの合成を高める作用があるため、皮膚内でコラーゲンの回復を促したい時は見逃せません。それらの有効成分を含んだ美容液なら肌の内側から改善が期待できるため、乾燥による表情じわも少しずつ薄れるなど、効果的なしわ対策に取り組めます。

肌ケア

乾燥や表情の癖が原因

しわには、乾燥によるものと表情の癖によるものとがあります。消すためには、それぞれに異なる美容液を使用する必要があります。前者には、生コラーゲンや生プラセンタといった保湿成分が配合された美容液の使用が効果的とされています。後者には、表情筋の働きを抑えるアルジルリンが配合された美容液が適しています。